Micro Fiction

意を決してこれまで描きためたアイデアスケッチを公表することにしました。すでに作品として世に出たものもありますが大半は未発表です。落書き以上作品未満のデイリーイメージメモ。実はこの状態こそがリアルな自分の姿なのです。もう出し惜しみしてる場合ではありません。全部出し切って早く次の次元へ移行したいです。というわけで、遅ればせながらネット社会に身を投じてみます。(2010414日/水野健一郎)


I decided to announce my idea sketches that were going to be announced collectively some time by the blog form. The majority are incomplete and are unpublished though are in that also the picture that has already been announced as a finished work. They are daily image memos of more than doodle and less than work. It might be actually an appearance of me that only this state is real. It is shameful that it is seen by the person. And, it is scared to be gotten tired in above all. However, it is not time when it has already grudged it. I want to put forth everything completely and to go to the next dimension early. I want to eat the cheek of the girl who is crying in the dark. So I will enter the net society belatedly. (April 14, 2010 / Kenichiro Mizuno)


2016年8月25日木曜日

山形ビエンナーレ「山びこ」9/4(日)










山形ビエンナーレ「山びこ」

https://biennale.tuad.ac.jp/yamabiko

9/4(日)
アニメーション・ラボ 

「稲葉まりの世界 水野健一郎の世界」

~商業アニメとアートアニメーションの狭間で 2~

start 12:30 / end 14:00 / 入場無料(free entrance)

会場:本館201講義室 

講師:稲葉まり,水野健一郎

アーティストの水野健一郎と切り絵アニメーション作家の稲葉まりが自身の作品・仕事で日常的に制作するアニメーション作品を上映、コメントを交えながら紹 介します。テレビや劇場、ウェブに留まらず昨今様々な媒体が生まれ、日常をとりまくものとなったアニメーションにおいて、商業、アート、その狭間で個人制 作により生み出される作品の可能性とはーーー。タイプの違う制作活動を行う両者の作品の一挙上映により、あぶり出されるものは如何に。